ご利用の流れ Q&A

【お問合せ】
直接のお電話、メールにて承ります。
お世話の最中、移動中など出先の場合、履歴が残りますので折り返しお電話させていただきます。
※非通知設定にされている場合、折り返しできませんのでご注意ください。


【事前の打ち合わせ】
初回の場合、ご依頼日の1週間前~前日までに必ず行います。
ペットにお会いし、飼い主さまご不在でも普段通りのお世話ができるよう様々なことをお聞きすることが目的となります。


【同意書を交わす】
全てご納得していただいた上で同意書を交わし、料金のお支払いと、合鍵はこの日にお預かりさせていただきます。(カードでのお支払い不可)


【シッター当日】
事前打ち合わせ通り、心をこめてペットのお世話をさせていただきます。
お世話終了後、メールやLINEアプリを利用しペットの様子を画像・動画でお送りいたします。


【合鍵のご返却】
合鍵のお受渡しは基本手渡しの上ご返却させていただきます。


【2回目以降のご利用】
ご依頼日のご連絡をいただき、合鍵と料金のお受渡しを行います。
当店の同意書は年末まで有効になります。年が替わってのご依頼の際には新たに同意書を交わします。


以下、特にお聞きになりにくいかと思うご質問を10項目載せております。
他にもご不明な点やご質問などがございましたら、お気軽にお問合せください。


Q1、問合せをしたら必ず依頼しなくてはいけないんですか?
そのようなことはありません。ご依頼をいただく前にご質問などをお電話やメールでお答えいたします。
その後「事前打ち合わせ」にてペットに会わせていただいた上で飼い主さまにご決断していただいております。
大切なペットへの接し方や言葉使い、シッターの雰囲気など飼い主さまが不安に感じましたらお断りしていただいても構いません。


Q2、家の中に入るんですか?
ペットシッター」は、様々なご事情でペットのお世話ができない際、シッターが飼い主さまの代わりにご自宅へ伺いお世話をさせていただくサービスです。

完全屋外飼育の場合以外は事前に合鍵をお預かりし、お客さまの留守中にご自宅に入らせていただくことになります。立ち入られたくない、見られたくないお部屋はあらかじめお閉めいただくか、事前におっしゃっていただければ立ち入ることは一切ございません。
(お世話に必要なリードやフードは立ち入り可能な場所に置いておくことをお願いしております。)


Q3、鍵を預けるのが不安です
当店ではお客様の個人情報を守ることをお約束し、お伺いする際は必ず身分証明書を提示いたします。
少しでも不安を感じた場合、ご依頼をキャンセルして下さって構いません。
合鍵は事前打ち合わせにて「預かり証」を発行いたします。お世話以外で鍵を使用することなく、厳重に管理いたしますのでご安心ください。


Q4、打ち合わせはどんな風にするんですか?
ご自宅に伺い、約40分ほどペットの性格やフード、リードの保管場所、お散歩のコース、グルーミングの仕方など、普段のお世話を教えていただきます。他にも、ペットにシッターの存在を覚えてもらうことも大事なことになります。
2回目以降のご利用の場合、特にお変わりなければ行いません。


Q5、後から追加料金を請求されたりしませんか?
初回カウンセリング時に、介護レベルや介護内容を明確にし料金をご提示いたしますので、サービス終了後に追加料金をご請求することはございません。(ご依頼日延長の場合は延長分の料金が発生します)
ただし、実際のお世話を通し追加のサービスが必要と感じた際は内容を詳しくお話し、次回ご利用いただく際は新しい料金でご案内させていただいております。


Q6、お世話中にペットの体調が悪くなったらどうなるんでしょうか?
初回カウンセリング時に健康状態、病気の有無、服用中のお薬、かかりつけの動物病院についてお聞きいたします。
万一急に体調が悪くなった場合、命を優先し最善と思われる行動をいたします。(動物病院の実費は全額飼い主さまのご負担となります)


Q7、依頼を受けられないのはどんなときですか?
極度に怖がる、怯える、攻撃する、ペットシッターがお世話することでストレスを感じてしまうペット。
1年以内で狂犬病予防注射の確認が取れないペット。
スケジュールの関係で先にご予約して頂いたお客様が優先となりますので、重複してしまった場合はお受けできないか、お時間をずらしてのお世話になります。


Q8、事前打ち合わせはいらないので、すぐに来てもらえませんか?
ペットの状態を把握し安全面などに細心の注意を払った上でなければきちんとしたお世話はできませんので、事前打ち合わせ(カウンセリング)不要でいきなり訪問することはお断りいたしております


Q9、料金が高額だと思うのですが・・・
ペットシッターは出張サービスになりますので、お世話内容やお客さまのご自宅へ出張する距離の関係でペットホテルと比較すると高額になってしまう場合もございます。
様々な点をご考慮し、飼い主さまご自身、ご自宅の愛犬・愛猫にとって最善な選択をされることをお願いいたします。


Q10、足腰の不自由な犬の散歩もできますか?
介助グッズなどを使い、負担をかけない程度に様子を見ながらお散歩をさせることは可能です。
足腰と同時に心臓なども弱っていますと、相当な負担になりますので、その場合は日光浴程度とお考えください。

その他のご質問も、お気軽にお問合せくださいませ。
メールでのお問合せはこちら→(24時間)
電話でのお問合せ 055-244-7051(9~20時)